オススメのビジネス本

Pocket


◎夢をかなえるゾウ
『人生を変えよう』と思っているけど、何も変えられない普通のサラリーマンがいました。
そこへある日突然、ガネーシャというゾウの姿をした神様が現れ、何をするのかと思いきや、
主人公の家にニートとして住みつき、ゲームをしては寝るだけの怠惰極まりない生活をしているだけのガネーシャでした。
そんなガネーシャが、『今からワシが出す簡単な課題さえこなしていけば、お前は確実に成功する』と自信満々に言い放ちます。
半信半疑になりながらも、このサラリーマンはガネーシャの出す課題をこなし始めました。
人生やビジネスの世界での成功を掴むための方法が『ガネーシャ』の言葉を通して語られている一冊です。
『コンビニでおつりを募金する』『食事を腹八分目におさえる』『その日頑張れた自分をホメる』などの課題が、主人公や読者に与えられます。
ガネーシャから与えられる『課題』をこなしていけば、人生を変えるためのヒントが必ず見つかるはずです。
物語形式の話となっているので、非常に読みやすくて『ためになる本』になっています。

◎スティーブ・ジョブズ

IT企業の創業記と創業者の歴史は切っても切り離せない、Macintosh、iPhoneと革命的なデバイスを開発してきたApple。
この本は、Appleを生み出したスティーブ・ジョブスが全面的に取材に協力してできたスティーブ・ジョブズの生涯が描かれた本です。
iPhoneやMacintoshなどの誕生秘話や裏話が明らかにされています。
ジョブスが一度Appleを去ることになり、Appleの経営が傾いてしまい、また戻ってきて会社を立て直すところは素直に凄いなと感じますよね。
ジョブスの天才性や変人性がひしひしと伝わってきて、この人がいたからこそAppleが生み出されたんだなと思う一冊となっています。
現代を生きた一人の”天才”の姿が描かれています。

◎人生を変える80対20の法則
投入と産出、原因と結果、努力と報酬の間には、どうにもできない不均衡があり、
その不均衡の割合はおおよそ『80対20』となっています。
この法則は『パレードの法則』と呼ばれて、世界のありとあらゆる事象に当てはまります。
ビジネスの世界では、売り上げの80%を占めているのは、20%の製品、20%の顧客です。
利益でもこの比率は変わります。
社会で見ると、犯罪の80%を20%の犯罪者が占めています。
交通事故の80%を20%のドライバーが占め、離婚件数の80%を繰り返し何度も離婚する20%の人が占め、
教育上の資格の80%を20%の人たちが占めています。
考え方を変えると、20%の原因に80%の結果が集中するのなら、
この20%の原因にさえ集中して資産や努力を投入すれば、成功を掴み取る近道となります。
この本は、『80対20の法則』をビジネスや人生に応用する方法が書かれている本となっています。

◎『原因』と『結果』の法則
1世紀以上読み継がれている自己啓発の古典名著で、
世に多く出回っている有名な自己啓発書の多くは、この本を参考にしたり引用したりしていると言われています。
この本を読み、気づく事でなりたい自分を強く念じて行動すればなりたい自分になれる『引き寄せの法則』を実感出来るでしょう。

◎思考は現実化する
成功哲学本の原点で1937年に発売されて累計販売数は7000万部と言われているビジネス書ベストセラー第1位で、
成功本はこの1冊を読めば大丈夫と言えます。
成功ノウハウとして6つの原則、願望実現のための6か条があり、
各章末のワークシート、巻末のアクションマニュアルに従って下さい。
この本の原則を守って継続するのはとても大変ですが、
続けることができればきっと成功へとたどり着けるでしょう。

いかがでしたか?
数ある中から厳選してビジネス本を紹介しましたが、ここでは自己啓発も含めた内容もあるので、両方取り入れたい方には特にオススメです。