貸工場とは何か

Pocket

◎貸し工場とは

工場の経営の際に自ら工場を建ててそこを会社として自社工場を営む場合と
事業を営むのか、工場をレンタルしてそこを会社として事業を経営する場合があります。

後者の場合、どこかかから工場をすぐ借りてすぐに事業を開始できるので
便利ですね。

 

 

 

 

◎工場を貸す・借りる際の取り決め、法律

●工場を貸す側の条件

・宅建主任の免許が必要
・工場立地法に基づく立地であること

立地条件に関しては最低限の条件を満たし、周辺の環境に配慮して建てること
といった内容です。公害の防止なども意識された法律です。貸し倉庫と環境は密接につながっています。
環境を乱すような企業を繁栄させてはいけないのです。

●工場を借りる際の条件

・契約期間を定める
・原状回復させる事

例えば3年以上契約する事など、契約期間内での中途解約は認められない場合があります。
貸す方にも借りる方にも条件があり様々な制約のもと適正なやりとりが求められます。
借りるものである以上、管理にも気を付けて元のままの状態で戻さなければなりません。

◎貸し工場のメリット

工場を借りて事業を営む事のメリットは何でしょうか?

経済には流れがあります。
会社をを建てる土地、時期、人口などにより会社の利益は変動するのです。

貸し工場であればその流れに乗り景気の良い時期に、好環境で事業を立ち上げ
進出して利益をあげる事ができます。

現在は大小、様々な業種の企業が貸し工場を利用したビジネスの展開をはかっています。

初期投資が少なくて、臨機応変に回収できて次の事業展開への足取りも軽いです。

また事業を始める際にその生産量や収益は予測する事ができないので

自分で工場を建造してドタバタの中利益を安定させるより、
貸し工場でスタートした方がかかるコストや時間が少ないです。
そのため土地により多くの費用をかける事ができるので
広い面積の工場を借りて事業をスタートする事ができます。

その柔軟性、リスクの低さが貸し工場のメリットです。

特に中小企業などは最初まず貸し工場から始めて
生産量の増加や事業拡大に合わせて自ら工場を建てる事業もあります。

◎便利になってゆく貸し工場

今や様々な事業主のいろんなニーズに応えて事業展開の場となる工場が貸し出されています。

工場はそれぞれ坪単価で駐車場やトイレの有無、天井の高さなどから選ぶ事ができます。
またクレーンや事務所がついている貸し工場もあり、駅徒歩何分など、細かい条件から
見合った工場を探す事ができます。

今、貸し工場は首都圏だけでなく千葉や埼玉、神奈川など東京近郊にて事業展開を行っています。

新規事業の立ち上げにあたり東京より地方の方が賃貸料もお得な事が多く広大な面積を持つ工場が欲しい
と考える事業主も多く、田舎での貸し工場の需要も増えています。

工場を貸す側も、事業の繁栄に伴う土地の有効活用を願い、
借りる側もその土地を利用した最大限の利益を生産する事を目的に貸し借りする工場は、
東京近郊でも地方でも利便性を増していっているのです。

◎貸し工場は生きている

貸し工場は倉庫ではなく、物を置いておく場所ではありません。

工場を借りたい企業があって、そこで働く人たちがいて作られる物があります。
人と物とそしてお金の動きがあります。

貸し工場は生き物です。
それは育てられるものであり、発展してゆくものであり、行く末には次の人へ
渡るものです。

人と物が移り変わる場所でそこには様々な利益や生産物、やりとりが発生します。

◎フットワークの軽いビジネス拡大

今若い人でも、会社を経営したいと願い、まずフットワーク軽く動けて勉強しながら利益の拡大をはかれる
貸し工場から始める人も多いです。
例えば地方で貸し工場にて利益を上げてから東京に移転するのも事業の立ち上げに成功するため
一つの方法ですね。

その使い道は様々ですが現在、その需要は増加する一方であり
ニーズに合わせたサービスの細分化がはかられているのです。

今の時代もし、何か始めたいと考えたときにすぐに事業を立ち上げつ貸し工場を探してみてください。
物の移り変わり、変動が激しいこの時代臨機応変に柔軟に事業を展開・拡大してゆくために
貸し工場は時代のニーズにかなったシステムであると言えます。