「貸工場」カテゴリーアーカイブ

貸工場の発展と地域の活性化

今まで、多くの貸し工場業者が
自分が貸した工場が生まれ変わる様子を見ています。

何もなかった、誰もいなかった空き家が1ヵ月で50人以上の作業員、PC、機械類、デスク
にあふれて活気あふれる場所になっている。

単なる廃屋だった貸し工場が、経営者の手に渡り
繁栄してゆく姿を見るときその工場を貸した持ち主、不動産業者は何より喜びを感じる事でしょう。

貸し工場に新しい主がやってきて、次第に従業員が増えて、工場が生きた場所になる。
すると周りの環境も変わってくるはずです。

貸し工場が利益を生み出して事業を拡大するという事は
人手不足が生じる事であり、工場の働き手が募集されることになります。

すると地域の求職者に職を与えてあげられる事になります。

貸し工場を経営する事で助かる人がいる、地域が明るくなる。

単に自分がもうけること以上の喜びをきっと感じる事ができるはずです。
今までなじみのなかった場所を自分の事業の拠点として選択して
そこで生活して、働いて、人を雇い地域との関わりを生み出してゆく。

貸し工事というスペースが大きな経済発展へ繋がる場に成長してゆく。
利益と職を生み出す社会貢献の場に変化する。

貸し工場が良い経営者、良き事業によって地域の活性化を引き起こす事は珍しいことでは
ないのかもしれません。

実際始めてみると、いい事ばかりではないはずです。
騒音への苦情であったり、建設場での子供への安全面のクレームであったり…。
そのたびに譲り合い和解し解決策を生み出して事業を存続させてゆくというのは
並大抵の事ではありません。
対・人の問題だけでなく環境面でも何か不具合が生じる可能性は多々あります。それを
乗り越え地域に根付いた生産を続けてゆく。
大変だからこそ、事業が軌道に乗り始めたときには土地への愛着や恩恵を感じることでしょう。

貸し工場を借りて何か始めようと考えたとき、まずは利益を生み出す事を考えることでしょう。
そして地域と関わる事により当初の考え方は変化してゆくでしょう。

貸し工場と人と地域と繋がりと発展は日本の過疎過密化の解消、経済発展への貢献へとつながって
いるのですね。

正しい貸工場の使い方

それでは使用すつ貸し工場が決まったらどのように運営すべきかを知っておきましょう。

◎貸し工場で事業を始める前の注意点

・衛生面、管理方法に気を配る。

例えば食品であれば衛生面であったり、高価なOA器具などであれば
温度管理であったり扱うものによってその管理の方法は変わりますね。

物品によって最適な環境に整えておきましょう。

・環境への配慮を忘れず!

ごみや廃液などの処理をきちんと行いましょう。
また環境を乱すような影響がないか事業を始める前にチェックしましょう。

◎円滑な事業のためにスムーズなレイアウトを組む

業務の流れを想定してレイアウトを組む。

デスクや作業台、コピー機の位置など、経営をスムーズにするため
肝心なのが工場内のレイアウトです。

工場では人が動いて利益を生み出すための流れを作っています。
動きの導線を図って流れがスムーズになるレイアウトを組みましょう。

土地と工場を貸すだけでなく、レイアウトまで考えて提案してくれる
業者もあるので相談してみるのもよいでしょう。

◎周囲の人への思いやり、コミュニケーションを大事に

トラブルやクレームが起きないようにするために
その土地で許可されている事、されていない事を確認しておきましょう。
また周辺環境への配慮と同じく周辺に住む人たちへの配慮、思いやりは大切です。

自分が建てた工場の周りにどのような人が住んでいて工場が建った事により
生活にどのような影響があったのか地元の人の声を実際に聞くことは、事業の拡大にとっても大切なことです。

自分たちの生産活動が周りにどのような影響力を持っているのか認識して情報として
有効に使いましょう。

そしてその土地に住む人は時によって、計り知れない有用で有益な情報を
提供してくれる場合があります。

とにかく視野を広げて自分の工場を全体部を把握しておきましょう。

◎防災や事故の対策準備をしておく。

作業場の安全面を常にチェックするようにしましょう。
いざという時の作業員や周辺の人々への被害が極力少ないように
非常口を確保したり、防災グッズなども予め準備しておきましょう。

希望通りの貸し工場を選ぶ際のポイント

それでは貸し工場を選ぶ際に大切なポイントを押さえておきましょう。

◎周辺環境をチェックしてこれから始める事業が差しさわりないか確かめる。

クレームなどを避けるためにこれはとても大事。
貸し工場と環境問題は共にあります。まずは土地を調べて立ち上げたい事業が
とその土地の貸し倉庫が合っているのか確認しましょう。

◎エアコンなど空調が整っているかチェックする。

貸し工場によって事業を立ち上げるとそこで様々な物品を扱うことになります。
その物品がしっかりと管理・保管できるのか、まずチェックするのは空調設備と温度管理
が整っているかです。

◎事業を立ち上げたい土地の不動産屋に直接借りにいく。

不動産業者は依頼主の要望と土地の様子を把握した上で適切な
貸し工場を探してくれます。
自分の事業に適切な物件を専門的な立場から判断してくれるのはやはり
地元の事をよく知っていてどのような店がどのような工場に適しているのか把握している
不動産屋が良いでしょう。

◎物件は何軒か見て比較検討する。

これくらいの広さでこんな設備が欲しいと、漠然と決まっていて条件が同じでも実際
見てみないと分からないことが多いです。同じ条件で探しても実際駅への近さが異なったり
風通しの良し悪しが異なったり、また周辺環境の向き不向きも異なっているでしょう。
一定の条件で絞り込んだら、何軒かを実際見てみることで最も希望に合う工場を選びましょう。

◎セキュリティや保険を確認する。

鍵の種類や監視カメラの有無など十分なセキュリティが確保できるのか事前にチェックしましょう。
また例えばトラブルが発生した際に、業者側がどれだけ保証してくれるのか
保証金など事前に確認しておきましょう。