正しい貸工場の使い方

Pocket

それでは使用すつ貸し工場が決まったらどのように運営すべきかを知っておきましょう。

◎貸し工場で事業を始める前の注意点

・衛生面、管理方法に気を配る。

例えば食品であれば衛生面であったり、高価なOA器具などであれば
温度管理であったり扱うものによってその管理の方法は変わりますね。

物品によって最適な環境に整えておきましょう。

・環境への配慮を忘れず!

ごみや廃液などの処理をきちんと行いましょう。
また環境を乱すような影響がないか事業を始める前にチェックしましょう。

◎円滑な事業のためにスムーズなレイアウトを組む

業務の流れを想定してレイアウトを組む。

デスクや作業台、コピー機の位置など、経営をスムーズにするため
肝心なのが工場内のレイアウトです。

工場では人が動いて利益を生み出すための流れを作っています。
動きの導線を図って流れがスムーズになるレイアウトを組みましょう。

土地と工場を貸すだけでなく、レイアウトまで考えて提案してくれる
業者もあるので相談してみるのもよいでしょう。

◎周囲の人への思いやり、コミュニケーションを大事に

トラブルやクレームが起きないようにするために
その土地で許可されている事、されていない事を確認しておきましょう。
また周辺環境への配慮と同じく周辺に住む人たちへの配慮、思いやりは大切です。

自分が建てた工場の周りにどのような人が住んでいて工場が建った事により
生活にどのような影響があったのか地元の人の声を実際に聞くことは、事業の拡大にとっても大切なことです。

自分たちの生産活動が周りにどのような影響力を持っているのか認識して情報として
有効に使いましょう。

そしてその土地に住む人は時によって、計り知れない有用で有益な情報を
提供してくれる場合があります。

とにかく視野を広げて自分の工場を全体部を把握しておきましょう。

◎防災や事故の対策準備をしておく。

作業場の安全面を常にチェックするようにしましょう。
いざという時の作業員や周辺の人々への被害が極力少ないように
非常口を確保したり、防災グッズなども予め準備しておきましょう。